荷物の工夫!衣類の圧縮と壊れ物のラベルを活用

以外に簡単な衣類圧縮袋

布団などを効率的に収納できる袋があります。布団を袋に入れ、空気を掃除機などで吸い込みます。するとどんどん袋の空気が無くなり、さらに布団もどんどん圧縮されます。ぺったんこの状態で保存できます。空気を抜くと元通りになるので、問題なく使えます。これと同じ原理で使えるのが衣類の圧縮袋です。海外旅行の必需品とされ、たくさんの衣類があるときにぜひ持って行きたいアイテムと言えるでしょう。しかし、海外に掃除機を持っていけません。行きは圧縮できても、帰りなどはどうすればよいかです。実は、衣類用は掃除機などを必要としません。袋に服を入れて、後はどんどん空気を抜いていくだけです。上から抑えたりすればどんどん抜け、ぺったんこにできます。

荷物を早く受け取れる裏技

旅行で飛行機に乗るとき、大きな荷物は預け、手荷物を機内に持ち込みます。預けた荷物は行き先で受け取りますが、なかなか出てこないとイライラするでしょう。ツアーなどだと、より急ぐかもしれません。この時、ある方法を取れば比較的早く受け取れます。どんな方法かですが、荷物の中に壊れ物があるとのラベルを貼ります。海外旅行なら英語で書いておけばわかってもらえます。このラベルがあると、まず丁寧に扱ってもらえます。乱暴に扱われると、かなり傷つきますが、それを防げます。さらに、運が良ければ荷物を早く受け取れます。丁寧に扱ってくれるだけでなく、荷物の前の方に置かれるケースがあるからです。目立つように何枚も貼るといいかもしれません。