歴史探訪を目的とした旅の魅力についての紹介

城めぐりはたのしい。

日本各地には城が存在しています。平地や海や山に築城されておりそれぞれに個性があり、新鮮さを持ってみることができます。 資料館を兼ねていますし、当時の城の内部の様子を忠実に再現されていますので歴史の勉強になりますし、攻めやすいか攻めにくいかが個人のイメージを持て散策することでより楽しみが増えます。 天守閣では、城下町を見下ろす展望台の役割もありますので景色を堪能することができます。 例えば、姫路城では、天守閣が広く散策するのに最適です。城の構造が複雑で建物自体も壮大なスケールですので見ごたえがあります。広島城では、甲冑を着ることができる体験ができますのでいい記念写真を撮ることができます。また、甲冑を着た人のパフォーマンスを定期的に観覧できます。

歴史の跡地も迫力があります。

安土城や関ケ原の合戦などの跡地も魅力があります。説明や史跡を見ながら現代と比較することで当時の雰囲気を想像することで楽しむことができます。 山登りの要素や散策する要素があり、運動にもなります。 例えば、奈良の古墳巡りでは、高松塚古墳など対象いろいろな古墳をサイクリングで楽しむことができます。音声ガイドもついていますので歴史の説明が充実しており勉強になります。次に、安土城では形は全く残っていませんが城の跡地が残っています。壮大な城のスケールを感じるには、山登りをしなければならないので、頂上からの景色が雄大であることを実感することができます。 重要なことは、天候で晴れの日であり、気候がいいときを狙っていくことが楽しむ最大の秘訣です。