海外旅行で電車やタクシーを安全に利用する方法

海外で電車や地下鉄を利用する

日本のように列車や地下鉄が充実している都市は多く存在しています。海外旅行の際には諸外国の特徴を把握しておきましょう。地下鉄のホームや改札の仕組みは日本と似ていることが多いです。路線がたくさんあっても、多くの場合は番号や色で区別されているため分かりやすくなっています。観光客など外国人にとっても判断しやすい表記になっていることが多いです。地下鉄に乗る際は国によっては治安がよくないこともあるので、なるべく日中に利用しましょう。ひったくりやスリも存在しているので、カメラや財布はポケットに入れるのはさけるべきです。国によって便利な観光パスが用意されているので、活用してみましょう。駅舎そのものが観光スポットとして人気の場合も多いです。

タクシーを使う際の注意点

土地勘がないので電車などを利用するのは不安だという方におすすめなのが、タクシーです。目的地を伝えるだけで連れて行ってもらえるので便利ですが、料金形態がはっきりしていないことも多いためトラブルに注意しましょう。ホテルのスタッフにあらかじめ相場を聞いておくと安心です。料金は乗車前に金額を交渉できるケースと、メーター制があります。利用する距離によって使い分けるのもおすすめの方法です。また、チップがある国ではタクシーを使う際にもチップが必要なので、小銭を準備しておきましょう。電場番号がある領収書をもらってナンバーを控えておくのも大事です。道に迷った時に備えて、滞在先のホテルが分かるカードやパンフレットも持ち運びましょう。